森管工株式会社

Voiceお客様の声

右:AGS株式会社 代表取締役 向後様

課題解決を通して
共に成長できる会社
それがモリカンさんだと
思いました。

※弊社の愛称

AGS株式会社
代表取締役 向後 武彦様

AGS株式会社(本社:東京都千代田区内幸町1-1-1帝国ホテルタワー11階C-5号室)
2010年に創業し現在9期目。太陽光利用型植物工場・人工光植物工場・農園リゾートなどの企画から設計・施工までを一貫して請け負う。農業参入やリフォームにおいて「誰がどこで何をどの様に作るのか?」を重要視し製造から販売までを戦略的にトータルサポートしている。

森管工へ依頼をしたきっかけと最初の印象は?

森社長とは以前から地域の青年会で一緒でしたが、お仕事でのお付き合いは、旭市の農場が停電になり潅水に困って連絡したことがきっかけでした。急なことで必要な材料がすぐには揃わない状況のなか、森社長は手に入る物を使ってなんとか切り抜ける方法を考えてくれたので「この人はすばらしいアイディアマンだな」と感心したことを覚えています。現場では弊社の社員に対して細かく丁寧に教えていただくなど、おかげで窮地を乗り切ることができました。その後は、北海道から九州まで弊社案件における設備の水廻り工事全般を受託していただき10年以上経ちます。

森管工と仕事を続けて気づいたことは?

農業用ハウスの施工では時折、排水設備を予算に含めていないお客様もいらっしゃいます。そんなとき森管工さんは、コストを抑えるためにお客様自身でできる方法をご提案することもあるんです。確かな技術力もそうですが、それ以外にも儲け関係なく常にお客様の立場になって考えているところや、森社長の人柄が会社の信用を積み重ねているのだと思いました。

森管工へ依頼してよかったと思うことは?

農業用ハウスの場合、森管工さんは作物の収支から平米当たりのコストを把握して、その範囲であれば、どんなことでも基本的に「NO」と言わず、持ち前の発想力とサービス精神で試行錯誤しながら取り組んでくれます。反対にコストの許容ラインから外れるような無理や無駄があれば、ハッキリと助言してくれる頼もしい存在。課題解決を通して共に成長できる会社だと感じています。
また、施設の施工では、弊社が土木や電気など各分野の専門家を束ねる役目ですが、森社長には助けられることが多いですね。他社さんに対して気づいたことがあれば、私の気持ちを汲み取って代わりに言ってくれたり、私が不在の際は現場を仕切ってくれたり。先読みして動いてくださるので現場がスムーズに進みます。

森管工と今後一緒に取り組んでいきたいこと

森社長と私は共通して「気づき」という言葉が好きです。新しいものを生み出すことや成長につながる「気づき」をこれからも大切にしながら、人に求められ喜んでいただける仕事であれば、どこでもどの分野でも一緒に挑戦したい。弊社のネットワークと森管工さんの創造力を生かして、今後はさらに活動の幅を広げたいと考えています。

資料請求、業務に関するお問い合わせはこちらより承っております。